杉本篤彦ソロギターライブ 2013/11/01(金) in JJ CALL’N

杉本篤彦ソロギターライブ 2013/11/01(金) in JJ CALL’N

今年の鹿児島は凄いライブになるぞ ?!
ソロギターに加えて鹿児島のギタリストノンキー山田さんらとベンチャーズやビートルズまで
やっちゃいます。


杉本篤彦

画像の説明 一部:ジャズステージ:杉本篤彦ソロギター

画像の説明 二部:ロックステージ:杉本篤彦(gt)、ノンキー山田(gt)、
            ありまっち(b)、中園タケシ(ds)

画像の説明 お得な前売り券は下記店舗にてお買い求めいただけます。

  天文館地区は、JJ CALL’N、シェルター、ありまっち
  中央駅地区は、ちりめん凪
  谷山地区は、ライブひまわり
  日置、松元地区は、ビートガレージ

  是非是非!皆様お越し下さいませ♪


画像の説明 11月01日(金)

  ・@3,000yen(1drink付) 当日3,500円
  ・Open 18:30
  ・Start 19:00

↓↓試聴できます!

プロフィール

杉本 篤彦(Gt)

1963年東京都中央区築地出身。新宿区市谷で育つ。高校、大学、実業団とアメリカンフットボールの選手として活動した後、23才よりプロを目指し音楽を始める。1989年作編曲家として横浜博「JR夢空間」の音楽を担当、1990年より東京、横浜のジャズクラブを中心にプロのギタリストとしてライブ活動に入る。1995年に1stアルバム「Crab-Apple」をリリース。2008年日本コロムビアよりリリースしたリーダーグループ「R134」のアルバム「Black&Blue」がADLIB誌の国内ニュースター賞を受賞。2009年にはテレビ番組「 美の巨人たち」のエンディングテーマとなったオリジナル曲「Black&Blue#2」を収録したR134のアルバム「Blue Moment」にサザンオールスターズの野沢"毛ガニ"秀行をゲストに迎えてリリース。 ピックを使わないオリジナル指奏法「ツーフィンガー・ストローク」によるハイテクニックと強力なグルーヴ感、歌い上げるフレーズは音楽各誌など各方面で高い評価を受けている。
日本ジャズ界の最古参ベーシスト故広瀬文彦の最後の弟子であり、イーストコーストジャズのファンキーなビートを受け継ぐミュージシャンの一人。 ソウルミュージック、R&B、ジャズをルーツに、美しいメロディー、ビバップをベースとしたファンキーなリフ、モーダルで前衛的なフレーズなど、音楽的に高い水準にありながらリスナーに聴きやすい曲作りと編曲は杉本篤彦サウンドとして高い完成度に達している。また「アイリスオーヤマ」「東レ・アイリーブ」「オートバックス」他、多数のCMソングも手掛ける。NHK「首都圏いきいきワイド」のライブ中継、TBSドラマ「愛なんていらねえよ、夏(渡部篤郎、広末涼子主演)」などTV番組への出演他、2003~10年まで湘南ビーチFMの番組「Black & Blue」でパーソナリティーを務め、FM横浜の人気番組「E-ne! ~Good for you~」にも不定期にゲスト出演中。1996年よりギターメーカーのギブソンとエンドースメント契約。2005年からはトーラスコーポレーションのモニターとしてEastmanギターも使用。著書としてヤマハミュージックメディアより教則本「厳選 決まるジャズギター定番名曲」を出版。
現在、目黒ブルースアレイジャパン、渋谷JZ-Brat、赤坂Bフラット、銀座スウィング、渋谷クラブクワトロなど都内ライブハウスへの出演、横浜旭ジャズまつり、今治JAZZTOWNなどの各ジャズフェスティバルへの出演他、全国各地へのツアーなどライブ・コンサートを中心に活動中。 作・編曲家としてレコーディングしたオリジナルは100曲以上。 杉本篤彦、R134合わせて19枚のアルバムがリリースされている。